• mikiynot

国会議事堂広場の360°と、サンバの45°

ロンドンの国会議事堂広場は、テムズ川沿いに立つビッグベン(本名はエリザベス・タワーだけど、時計の部分はビッグベン)が目印の国会議事堂から川を背にして、一本道を挟んだところにある。王族が婚礼を挙げる慣わしのあるウェストミンスター大聖堂や、最高裁に囲まれている広場だ。


実は銅像の数が思いのほか多くて、1832年に建立された銅像から、2015年のものまで12体もあるんです。

2012年のオリンピック開会式では、チャーチル像がCGで空に向かってウィンクする映像が使われてましたネ。


ネルソン・マンデラや、マハトマ・ガンジーの像もあって、英国人ばかりじゃありません。


ガンジー像は広場の西がわにあり、広場全体の向こうに議事堂を見て立っている。今日は、XRのリベリオン初日で、彼の足元が様々なゲストがスピーチ登壇する場となっている。


天気もよい午後1時半くらい、雰囲気的に山場少し前の上り坂といったところで、360°ぐるりと、ステージの前から撮ってみました。



今日は朝11時ごろから7時過ぎまで広場にいて、ドラムを叩いてましたが‥私の参加しているサンバ隊も分隊して、歩いて1時間くらいを目処に、いくつか出発地点があり広場に集合する形になっています。


演奏する曲は5・6種類。プラス「つなぎ」ビートもだいたい全国共通なものを練習しているので、マエストロが出すサインさえ分かれば、どのバンドにいても滞りなく演奏できて問題なし。


このマエストロ、ジェイミーはやんちゃな感じで、指示出しも元気はつらつで皆んなの定評、人気のあるリードぶり。本職は救急隊員なので、レスキューグッズもいつも身につけているようで、目にしたことはないですがいざとなったら、活躍するんじゃないかしら 笑

今日も、夕方近くになってある方角から分隊を率いて現れたので、ささっと混じって楽しく演奏。


カメラ構えてると演奏できないので、早く再開したくてそそくさと終えてしまってわずか18秒ですが、ちょっと伝わるかな?


最新記事

すべて表示

© 2019 by mikiyphotography. All rights reserved.