• mikiynot

リベリオン最終日の、ドラミングのPOV

最終更新: 2020年12月23日

9月10日、XR最終日はお天気もよくってサンバ日和。ロンドンの金融街であるシティに集合し、ゆっくりと国会議事堂広場まで歩いていく。その間、1時間半くらいでしょうか。



そのシティからゆーーっくり歩き出して20分くらい経った頃、もうすぐ左に曲がってテームズ川に面した道に出る手前のところで、POV(ポイント・オブ・ビュー、視点ビデオ)を撮った。


サンバ隊でスネア、トム、バスと大きく分けて3種類ある太鼓のうち、私が叩いているのは真ん中のトムなので大体、列の真ん中にいることが多い。多分、サウンド的にはいいバランスで録音しやすい位置にいて、ベストなポジションから録音録画してると自負してます 笑。




リードしているのはクラウディア、指示がわかりやすくて、音と音のつなぎセンスも絶妙な、マイ・フェバリット・マエストラ(指揮者)。


このビデオを、サンバのSNSグループでシェアしたら「POVで、サンバチームと一緒にカメラもスイングしているのがとってもいい!」と好評だった。撮っている時は携帯を高く掲げていて、ドラムを叩けないんだけどステップはみんなと一緒に踏んでいるから、確かに左右にスイングしてる。バンドで演奏しているような臨場感を味わってもらえるかな、と、思うのでこちらでもシェアしますね。




このあと、角を曲がって、テムズ川のほとりに出てきたところ。まっすぐ行くと、ビッグベンが見えてきます。



最新記事

すべて表示

© 2019 by mikiyphotography. All rights reserved.